2017-09-02/長崎野球肘サポートネットワーク

長崎野球肘サポートネットワークでは、投球障害ひじの予防、早期発見、早期治療を目指して検診活動を行っています。

9月2日にかきどまり運動広場で行われたソフトボール大会において、野球肘検診を行いました。

当日は、超音波によるひじ関節の検査に加え、柔軟性の測定を行いました。

投球障害の予防には、柔軟性の維持・ストレッチが大変重要ですので、選手のみなさんがんばりましょう!