サンフランシスコ研修を終えて/2014-08-25

  • 鶴 展寿
  • 長崎大学 出身
  • 2014年 入局

 6/14〜6/22の8日間、サンフランシスコのUCSF(University of California, San Francisco)へ研修に行ってきましたので報告いたします。

研修させていただいたUCSFはサンフランシスコ市内に4つのキャンパスを持つ、主に医学分野を専門とした大学です。今回はUCSFへ留学されている岡崎先生のラボやUCSFの関連施設であるSF general hospital、同じカリフォルニア州にあるスタンフォード大学などを見学しました。その中でも印象に残ったものをいくつか紹介いたします。

_崎先生が所属するMQIRラボやBrain and Spinal Injury Centerの森岡先生のラボ、スタンフォード大学の磯部先生のラボを見学させていただきました。どのラボも造りが広く、設備が充実しており、日本のせせこましい研究室とは違うなと感じました。また、統計をまとめる専門の人がいるなど、分業制がはっきりしているという磯部先生の話が印象的でした。

SF general hospital見学では、Orthopedic Trauma InstituteのカンファレンスやOTIで指導医をされている長尾先生のご案内で救急部を見学させていただきました。こちらも分業制が整っており、いつでも緊急手術ができるということで、病院全体で重症患者の受け入れ体制がしっかりしているなと感じました。

 日曜日には岡崎先生夫妻にサンフランシスコ市内を案内していただきました。気候や文化の異なる海外の雰囲気を肌で感じることができ、楽しく充実した研修を送ることができました。

 現地でお世話してくださった岡崎先生、長尾先生、森岡先生、磯部先生、本当にありがとうございました。そして、このような機会を下さった尾崎教授、諸先生方に深く感謝申し上げます。