長崎県島原病院整形外科/2012-05-28

  • 杉山健太郎
  • 信州大学 出身
  • 2009年 入局

平成21年入局、現在長崎労災病院の杉山です。

平成22年に勤務した長崎県島原病院について紹介させていただきます。

島原は長崎の中でも田舎の方で、水がとてもきれいで所々に湧水があり、自然豊かなところです。
長崎市までは1時間30分ほどかかり、フェリーで熊本市街へは1時間もかからず、熊本に行くには交通の便はいいです。
野菜や魚など地元産のものは長崎市などに比べるとかなり安く売ってあります(例えば苺1パックで150円くらいです)。
休日に行くところとしては、ドライブ好きの人ならば雲仙や海岸沿いを走るのもいいかと思います。ただ島原市には、TSUTAYAやエレナのあるショッピングモールがあるくらいなので、必ずといっていいほど病院職員の方と出くわします。少し南の有家にはJUSCOがありますが、そこでも高確率で知っている人と会います。口之津からはイルカウォッチングツアーなどの船も出ており、都会に疲れ、自然に癒しを求めている人にはいい所かもしれません。

病院は平成新山のふもとで有明海を望む小高い丘に建っており、天気のいい日には熊本を見ることができます。
全体で250床あり、整形外科は約50床で常に満床の状態です。
部長の白石先生以下4名で診療を行っています。手術件数は、年間で約500例を超えます。
高齢者の大腿骨近位部骨折が多く、昨年は約200例を数えました。農業が盛んな土地柄ということもあり農作業中の事故による外傷も多いです。また島原半島は長崎県の中でも交通死亡事故の発生件数が多いようで(運転していて、こちらの人はかなり運転が荒いと感じることが多いです)、開放骨折を伴う交通外傷、高エネルギー外傷例が時々搬送されてきます(状態が悪く医療センターへ転送されていくことが多いですが…)。
種々の外傷を経験がすることができ、自分としてはとてもいい経験ができていると思います。
内科の人員が不足しているため、周術期の血糖コントロールや無治療のDMの治療などを自分でやらなければなりません。。。
全体的には病院の雰囲気もよく、看護師、コメディカルの人たちも親切なのでとても働きやすい所だと思います。

最後に研修医や学生の方へ。
私は長崎出身ですが、大学は信州大学で他大学からの入局です。同期は信州大学の同級生一人を含め、他大学出身が5名、長大出身が3名の計8名です。他大学出身だからの入局をためらっている人がいるなら、全く気にしなくて大丈夫です。長大整形は他大学出身者も多く、そういうのが問題にならない医局です。
スポーツドクターなどを目指している人がいるのならば、JFLの長崎Vファーレンのチームドクターをされている先生や国体のチームドクターとして帯同されている先生もおり、時々コートドクターなど頼まれることもあります。私は一昨年、長崎で行われたバスケットの国体予選コートドクターを1日務めましたが、とても面白く趣味と実益を兼ねているとしみじみと感じました(ポロシャツもらいました)。