サンディエゴで世界の「宮本」をみた/2017-03-31

  • 中山 宗郎
  • 藤田保健衛生大学 出身
  • 2016年 入局

修練医の中山宗郎です。

3/15-3/20でアメリカのサンディエゴで行われたAAOS(American Academy of Orthopaedic Surgeons)に宮本隊長を筆頭に修練医3人(池永、朝永、中山)も参加してきました。
羽田-ロサンゼルスの飛行機でアメリカ入り。着いた日は時差ぼけ解消のために、たまたま?行われていたNBAを観戦。

翌日にレンタカーでサンディエゴ入りしました。サンディエゴは街全体がAAOSの広告、企業広告に溢れ、会場はいままでの学会とは桁違いの広さ!溢れんばかりの人、人、人!世界の整形外科の最先端を肌で感じることができました。(もちろん、隊長の翻訳&解説付きで)
驚いたのは、歩いているだけでいろんな国の人に声をかけられる宮本隊長の姿があったこと。企業ブースで最先端の機器の説明を受け、実際に触れ、感想や改善点などの意見を宮本先生に求めてくるといったシーンが何回かありました。また、とても光栄な事に特別にキャダバーにも誘っていただけ、色んな国の医師とともに展開とプレーティングを行えたことは貴重な経験になりました。常に知識をアップデートしていき、現場に還元されていて、我々が普段から長崎大学で教えていただいていることは、世界レベルであることを実感しました。

最終日はSea world、La jollaにも連れて行っていただき、西海岸を満喫できました。

現地に3泊という弾丸日程ではありましたが、充実した研修になりました。

このような機会を与えてくださった尾崎教授、宮本先生に心から感謝です。ありがとうございました。