第29回日本整形外科基礎学術学会集会/2014-10-27

  • 島内 誠一郎
  • 長崎大学 出身
  • 2007年 入局

 10月9日、10日と鹿児島で開催された第29回日本整形外科基礎学術集会に参加してきました。10月5日台風18号、10月12~13日台風19号と短期間に二度の台風被害に遭った鹿児島でしたが奇跡的な日程で無事に開催されました。

 長崎大学からは口演1題(小関先生)、ポスター3題(志田先生、依田先生、島内)の計4演題の発表がありました。それに私の指導教官である富田先生と尾﨑教授の計6名での参加となりました。
 さすがに基礎学会は自分の研究以外のテーマは全く分かりませんね。聴こうと思っても右の耳から左の耳に流れていく感覚・・・。(ああ、なんとなく懐かしい感覚・・・)
むしろ、工学部出身の理研の先生が講演された『光の特性を生かしたバイオイメージング』という特別講演は面白かったですね。染色などを行わずに光の反射や波長だけで細胞を識別したり観察したりする技術だそうです。内容もそうでしたが、年齢も私と変わらないくらいの方が世界のトップレベルの研究をしていることに感銘をうけました。
 
 学会初日の夜は全員懇親会がありました。余興の女子大生チアリーディングが大盛況だったのは来年長崎大学が主管の親睦野球大会の前夜祭の参考にしたいと思います。

 基礎学会は大学院の研究などがなければなかなか参加する機会のない学会ですので非常に新鮮でした。同じような世代の先生方も数多く発表されており、ぜひ来年も参加してみたいですね。