手外科・小児整形・リハビリテーション部

講 師  

辻本 律

病院准教授(リハ)  

松林 昌平

     
     
     
     
     
     

手外科は2016年6月より診療を開始しました。手根管症候群、肘部管症候群などの神経疾患、関節リウマチによる指変形等の手術を行っております。手関節周囲・手指の骨折に関しては外傷班と連携をとりながら治療しています。
術中、術後の痛みの管理として、超音波機器(エコー)を使用して神経ブロックを積極的に行っています。

 小児整形が診る疾患は脳性麻痺、二分脊椎、先天性股関節脱臼、内反足、遺伝性疾患、骨系統疾患等です。主な手術は軟部組織解離術、股関節・膝関節・足関節の形成手術等です。少子高齢化に伴い、小児整形分野の手術は減少していますが、長崎県において小児整形の分野が無くならないように日々頑張っております。

 リハビリテーション部は、理学療法士15名、作業療法士5名、言語聴覚士3名が運動器班、呼吸器班、循環器班、身障・脳卒中班、がん班の5つの班に分かれ、急性期リハビリテーションを行っております。

 

手外科部門

 

舟状骨骨折
 

 

 

 

指骨折(骨性マレット)
 

 

関節リウマチ(指変形)
 

 

小児整形外科分野

術前・術後の画像診断

 

 

診断・処置

 

 

医療器具設備・手術の様子