脊椎/脊髄

助 教  

田 上  敦 士

助 教  

安 達  信 二

助 教  

津 田  圭 一

   

 

   

 

   

 

   

 

   

 

 長崎県の脊椎・脊髄外科の中核として、頚椎症性脊髄症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアなどの一般的な脊椎・脊髄疾患の治療に加え、治療に難渋する疾患の治療にも取り組んでおります。特に透析性脊椎症、リウマチ性脊椎症(環軸関節亜脱臼などの上位頚椎疾患)、脊椎靭帯骨化症、脊髄腫瘍、脊椎腫瘍、脊柱側弯症を中心に多くの治療実績があります。

 手術における当科の特色としては内視鏡や顕微鏡を用いた手術があります。特に腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、頚椎症性神経根症、頚椎椎間板ヘルニア等も内視鏡+顕微鏡を使用し積極的に手術を行っております。
脊椎固定術においては、上位頚椎や頚胸椎移行部の症例では最新のナビゲーションシステムを導入し術中CT撮影にリンクし、より正確な手術を心がけております。
脊髄腫瘍摘出術や側彎症の変形矯正などの手術では脊髄モニタリングを術中に行い、より安全な手術を行っております。

 手足がしびれる、首や腰が痛い、足に力が入りにくく歩きにくいなどの症状がある時は脊椎が原因の可能性がありますので是非脊椎・脊髄外科の受診をお勧めいたします。

 

ナビゲーションシステム シリーズ


TREON plus_Tria plus画像TREON plus_Tria plus画像set_navi

名称未設定 1のコピー

 

術場の風景


名称未設定 12SNAP1178689694

画像


D0000804

スクリュウの位置を確認

D0000001imgST009j
環軸椎亜脱臼(術前)   固定後(magearl法)

小侵襲手術


名称未設定 251
顕微鏡手術   
名称未設定 262
傷も小さくなります

 

内視鏡手術

名称未設定 271

 



術場の風景               傷は20mm弱となります。

内視鏡画像

 

脊髄モニタリング



各筋肉に針電極もしくは皿電極を刺入します。