骨代謝研究

研究員

  • 穂積晃
  • 後藤久貴
  • 福島達也
  • 津田圭一
  • 森圭介(基礎講座にて研究中)

発表学会

  • 日本整形外科学会基礎学術集会
  • ASBMR
  • 厚労省科研費補助金 難治性疾患克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症研究班 班会議

発表雑誌

  • Biochemical and Biophysical Research Communications
  • Biomedical Research
  • BMC Musculoskeletal Disorders
  • Cytokine

研究論文(英文)

  • Hozumi A, Osaki M, Goto H, Sakamoto K, Inokuchi S, Shindo H: Bone marrow adipocytes support dexamethasone-induced osteoclast differentiation. Biochem Biophys Res Commun 382(4): 780-4, 2009
  • Hozumi A, Osaki M et al: Dexamethasone-induced plasminogen activator inhibitor-1 expression in human primary bone marrow adipocytes. Biomed Res 2010, 31(5):281-286.
  • Goto H, Osaki M et al: Human bone marrow adipocytes support
    dexamethasone-induced osteoclast differentiation and function through RANKL
    expression. Biomed Res 2011, 32(1):37-44.
  • Sakamoto K, Osaki M et al: Simvastatin suppresses dexamethasone-induced
    secretion of plasminogen activator inhibitor-1 in human bone marrow
    adipocytes. BMC Musculoskelet Disord 2011, 12(1):82.
  • Goto H, Hozumi A, Osaki M, Fukushima T, Sakamoto K, Yonekura A, Tomita M, Furukawa K, Shindo H, Baba H:Primary human bone marrow adipocytes support TNF-α-induced osteoclast differentiation and function through RANKL expression. Cytokine 56(3): 662-668, 2011

研究論文(和文)

  • 後藤久貴,尾崎誠,熊谷謙治,宮田倫明,穂積晃,坂本和隆,野崎義宏,進藤裕幸,丹羽正美: SHRSP大腿骨頭壊死症の研究およびヒト大腿骨骨髄脂肪細胞の研究 ―主にスタチンの発症予防効果について―.厚労省科研費補助金 難治性疾患克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症の診断・治療・予防法の開発を目的とした全国学際的研究 平成21~23年度 総合研究報告書: 264-269, 2012 

「骨髄脂肪細胞の機能」をテーマに,大腿骨頭壊死症や骨代謝との関連について研究しています.もともとエネルギー貯蔵庫や単なるスペーサーとして認識されていた脂肪細胞・脂肪組織ですが,近年,内分泌器官としての機能やさまざまな疾患との関連が明らかとなっています.一方骨髄脂肪細胞の機能は未だ不明です。我々の研究の目的は,多様な細胞で満たされた閉鎖空間である骨髄における存在意義を明らかにすることです。
これまでの研究で,骨髄脂肪細胞が血液線溶系の抑制因子であるPAI-1発現を介して骨壊死の病態に関与する可能性や,破骨細胞分化因子であるRANKL発現により破骨細胞分化促進能を有することなどを報告しています。

 

骨髄間葉系幹細胞の分化 

脂肪細胞との共培養による破骨細胞前駆細胞の分化 

大腿骨頭壊死症  デキサメサゾンとシンバスタチンによるPAI-1蛋白分泌の経時的変化