卒後臨床研修

研修時期・期間

卒後臨床研修終了後に入局してから8年間
(卒後臨床研修中に選択科目として2~8ヶ月間、整形外科において研修することが望ましい)
医療教育センター整形外科の紹介

前半研修(1~4年目)

10年間の医局員としての前半では日本整形外科学会卒後研修ガイドラインに沿った整形外科疾患の病態・診断・治療についての基本的知識、検査手技および手術手技を習得することを目標とする。

4年間終了後に日本整形外科学会認定整形外科専門医試験を受験する。

大学院に入学し、基礎的研究を行うことは科学的思考能力を身につける意味で奨励される。

 この場合、整形外科専門医取得後に大学院に入学し、3~4年間で学位を取得することができる(大学院コース)。

前半の2~3年は研究に専念し、後半の1~2年は近郊病院等での臨床研修を行いながら学位論文をまとめ博士号を取得することが出来る。

取得可能な認定医資格

日本整形外科学会(日整会)
  • 認定リウマチ医
  • 認定スポーツ医
  • 認定脊椎脊髄病医
  • 脊椎内視鏡下手術・技術認定医
  • 認定運動器リハビリテーション医

※日整会認定医情報はこちらをご覧ください

日本脊椎脊髄病学
  • 脊椎脊髄外科指導医
日本リウマチ学
  • リウマチ専門医
日本手外科学会(日手会)
  • 手外科専門医
日本リハビリテーション医学会
  • リハビリテーション専門医

 

後半研修(5~8年目)

研修の後半では、既に習得した整形外科専門医としての知識や技術を基礎にして、関連する知識や技術を基礎として、さらなる整形外科専門分野の研鑽を積む。

 

具体的な専門分野としては

  • 上肢疾患
  • 手外科
  • 脊椎脊髄外科
  • 下肢・関節外科
  • (膝・股関節、足部外科)
  • スポーツ整形外科
  • 骨軟部腫瘍外科

などがある。

 

それぞれの診療グループに属して、より専門的で高度な診断および治療に直接参加する。

適切な指導医のもとで手術症例を重ね、独立した整形外科医としての素養を育てていく。

さらには高度先進医療に必要なスタッフとして直接治療に参加し、そのマネージメントを習得するとともに、左記に示すそれぞれの分野の認定医資格を取得することを目指す。

卒後6年目までの整形外科研修で望まれる知識・技術

外傷

疾病

手術

骨折画像 疾病 手術

新鮮開放創(創清掃術、皮膚の処置)

脊椎骨折

脊髄損傷

鎖骨骨折

肩関節脱臼

肩鎖関節脱臼

上腕骨近位端骨折

上腕骨骨幹部骨折

上腕骨顆上骨折を含む肘関節部骨折・脱臼

肘内障

前腕骨骨折

手関節部骨折

手指の骨折・脱臼

指関節靭帯損傷

手の腱損傷

骨盤骨折

股関節脱臼

大腿骨頚部・転子部骨折

大腿骨骨幹部骨折

膝周辺骨折・脱臼・靭帯損傷

下腿骨骨折

足関節部骨折・脱臼

足関節部靭帯損傷

踵骨骨折など

脳性麻痺

筋性斜頚

腕神経叢麻痺

変形性脊椎症

脊椎靭帯骨化症

脊柱管狭窄症

腰椎椎間板ヘルニア

骨粗鬆症

強直性脊椎炎

関節リウマチ

痛風

肩関節周囲炎・五十肩

先天性股関節脱臼

ペルテス病

大腿骨頭すべり症

変形性股関節症

大腿四頭筋拘縮

変形性膝関節症

膝蓋骨(亜)脱臼

先天性偽関節

先天性内反足

外反母趾

骨髄炎・関節炎

軟部腫瘍

骨原発性腫瘍

骨転移性腫瘍など

椎弓切除術

脊椎固定術

腰椎椎間板ヘルニア手術

尺骨神経前方移行術

手根管開放術

de Quervain腱鞘炎手術

ばね指手術

股関節人工骨頭置換術

人工股関節・膝関節置換術

半月切除術・縫合術・靭帯再建術

肢・指切断術

新鮮開放創手術

主な骨折の観血的整復・固定術(骨接合術)

関節形成術

骨切り術

骨移植術

関節鏡視下手術

腱縫合・剥離・移植術

切腱術

腱延長術

神経縫合・剥離・移植術

骨髄炎手術

軟部腫瘍摘出術など